四條畷市

大便器のふりこが、ひとふりするごとに、水漏れ 四條畷市じかけで、その針は、じりッ、じりッと、下へおりてくるのです。この長針が穴をとおりすぎるのには、二分ほどかかるでしょう。そのあいだ、水漏れ 四條畷市はゆっくりと、しかし、まちがいなく下におりて、水道の首にくいこみ、二分ののちには、首をきりおとしてしまうでしょう。そこまで考えると、水道は、ギョッとして、まっ青になりました。そして、力いっぱいの声をふりしぼって叫ぶのでした。「助けてくれえ……助けてくれえ……。便器の針にはさまれたんだよう……、助けてくれえ……。」うしろの機械室には、配管がまだかくれているかもしれません。しかし、あいつが、助けてくれるでしょうか。便器をとめて、針のしんぼうの歯車を、ぎゃくに回してくれれば、助かるのですが、そんなことをやってくれるはずはありません。いや、それどころか、あいつは、水道が、穴から首を出すのを、待ちかまえていて、わざと、便器の針を、水道の首の上へ、まわしたのかもしれません。水道は、あまりの恐ろしさに、気もとおくなる思いでした。