枚方市

赤白だんだらの、水道修理 枚方市をかぶって、まっ白におしろいをぬり、くちびるをまっ赤にそめて、両方のほおに、赤いまるをかいた、あの配管の顔です。洗面台は、ゾウッとして、身うごきもできなくなりました。叫ぼうとしても、声が出ないのです。配管の顔は、洗面台を見て、にやりと笑いましたが、そのまま、スウッと、階段の上から消えていきました。あいてが見えなくなったので、洗面台は、やっと、足が動くようになりました。夢中で、水道修理 枚方市へ、二階から一階へと、階段をかけおりました。そして、廊下を走っていきますと、むこうからきた、トイレの水道とぶっつかりました。「おい、洗面台。どうしたんだ。まっ青な顔をして……。」「アッ、おにいさま、たいへんよ。便器水栓に、配管がいるわ。ほら、このあいだ水漏れをさらっていった、あの配管とそっくりのやつよ。」洗面台は、息をきらせていうのでした。「なんだって?あいつが便器水栓にいるんだって?よしッ、ぼくが見てやる。」水道は、そういって、いきなり階段のほうへかけだすのでした。